相続に強い弁護士。弁護士法人リーガル東京へようこそ。

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

遺言書のメリット

043.jpg

こちらのページでは、遺言書のメリットについてご説明いたします。

遺言書を書く主なメリットとしては、「遺産分割協議をスムーズに進められる」「自分の好きなように財産を分けることができる」という2点が挙げられます。

 
下記のようなケースの場合には、遺言書を遺し後々トラブルにならないようにすることをお薦めします。

トラブルになりやすいケース

1・家族、親族間が不仲で相続時にはトラブルになる可能性がある。

2・生前贈与で差がついている。

3・特定の人(お世話になった人、可愛がっている人など)に多くを遺したいと考えている。

4・同居して面倒を見てくれている人がいない。あるいは財産を託す人がいない。

5・遠隔地に移住し、連絡がつかない推定相続人がいる。

6・自宅財産など相続人が共有するのに適さない財産があり、居住者である相続人に名義変更できるようにしたい。

7・財産を社会、地域や福祉活動などに役立てたい。

8・子供がないので、残された配偶者に全財産を残したい(自分の兄弟姉妹に自分の財産を相続させたくない。)。

一般の方は、なかなか遺言書の効力について把握していないように思いますが、遺言作成のメリットについて生前にきちんと把握しておけば、遺言は大変有効な生前対策と言えます。

それでは遺言書を作成しておく最大のメリットを2つ挙げたいと思います。

分割協議をスムーズに進められる

法定相続人による遺産分割協議が不要になる遺言がない場合、亡くなった方の相続人が遺産相続に関して協議を行い、協議が整えば遺産分割が行われるのが原則ですが遺産分割協議で一番大変なことは、相続人全員の足並みを揃えることです。

一人でも不同意な者がいれば、骨肉の争いとなり、いわゆる遺産相続争いにつながりかねません。
遺産相続で、争いになってしまう多くのケースが、「私と私の子どもには、遺言書なんて必要ない」と安易に考えて、遺言書を残さなかった方の場合に多いのが、残念ながら実情です。

自分の死後、残される財産に関して相続人にどのように遺産分けをして欲しいかを明確に書きとめておけば、こうした遺産相続争いを防ぐことができます。

相続争いは、自分の子供以外にも、子供の配偶者やその両親、または相続人となった自分の兄弟やその関係者など、様々な人間関係が絡んできてしまうのが、その複雑たるゆえんです。

ですから、遺言書は、親族間の全員の平穏を導く保険とも言えると思います。

自分の好きなように財産を分けることができる

自分の好きなように遺産分割をして欲しい場合、遺言書を作成し、充分な生前対策を行う必要があります。

これがしっかりと出来ていれば、遺留分を侵害しない限り自分の好きなように財産を相続させることができます。

 

遺言に関する事は以下のページをご覧ください。

遺言の方式

遺言書の書き方

遺言のメリット

遺言書の保管

遺言書の検認

遺言の執行と実行手順



弁護士法人リーガル東京 バナー.PNG

相続に関するご相談はこちらをご覧ください。

IMG_9359.JPG 事務所紹介 弁護士・専門家紹介
相談の流れ 解決事例
 お客様の声 アクセス

ImgLS1_1.jpg 手続費用 相談票ダウンロード バナー リーガルさん.png 遺言作成と動画撮影のセットサービスのご案内.png

CONTENTS

ACCESS 住宅ローン滞納任意売却のご相談 ImgLS40001.jpg 弁護士・税理士・FPによる賃貸経営・賃貸トラブルに関するご相談 相続問題 遺産分割に関するご相談 弁護士・税理士による法人破産、債務整理のご相談 相続税申告相続税対策に関するご相談 リーガル東京オーナーズクラブのご案内図1.png

Copyright (c) 2017 弁護士法人・税理士法人リーガル東京 All Right Reserved.