弁護士・税理士・ファイナンシャルプランナーによるリーガル池袋法律事務所 小林税理士事務所

相続問題・遺産分割相談室

  • HOME
  • サイトマップ
  • 費用
  • 事務所案内
無料相談受付中!! 受付時間平日10:00~19:00 土・日・祝日10:00~18:00 03-3980-3093

  • HOME
  • 当事務所が選ばれる理由
  • 解決事例
  • 事務所紹介
  • 専門家紹介
  • 手続費用
  • Q&A
  • 相談の流れ
  • アクセス

共有物分割訴訟で自宅不動産を単独所有として解決

東京都在住 小森様(仮名)

都内に住む小森さん(仮名)は、妹と土地(約130坪)と住居(建坪約40坪)を、2分の1ずつ共同相続し、住居に同居していました。

その後小森さんは、妹と仲が悪くなり、別の弁護士に依頼して共有物分割訴訟をしました。小森さんの希望では、道路に面する空地(約50坪)を妹に、住居のある土地部分(約60坪)と道路に通じる幅4m通路(約20坪)を自分にと、分割取得したかったのですが、一審判決では幅2mの通路しか認めて貰えませんでした。そこで小森さんは、小林弁護士に控訴審をお願いしました。

 小林弁護士は、訴状添付の土地分割図面が不正確であったことから、測量図面を差替え、不動産鑑定士に土地建物の正式鑑定を依頼し、幅4mの通路を認めることが妥当との主張をしました。控訴審で小森さんは和解し、妹が住居から直ちに退去する代わりに、通路は幅3mまで認めさせ、住居の敷地約60坪と通路分約15坪と住居1棟を単独所有することができました。

 住居を共有にすると、現物分割ができないので、判決になると住居を全部競売にして競売代金の分割ということになってしまいます。そういうことにならないよう和解で解決することが大切です。

 そもそも現物分割できない財産は、遺産分割協議において、できるだけ共有にしない方法も考えるべきでしょう。

 

解決事例

相続紛争解決例

 1.山梨県在住 山田様(仮名)主婦 
 2.東京都在住 川口様(仮名)主婦 
 3.東京都在住 沢井様(仮名)会社員
 4.東京都在住 赤井様(仮名)会社員
 5.埼玉県在住 山元様(仮名)会社員
 6.山梨県在住 石田様(仮名)会社員

相続手続・税務申告例

 1.相続開始から1年以上経過後で相続放棄が認められた事例 
 2.相続開始を知って3年以上経過後で相続放棄が認められた事例
 3.遺産詳細が一部不明だが相続税申告した事例
 4.相続放棄によって父親の債務(判決結果)を引き継がずに済んだ事例

相続税対策・紛争対策例

 1.生命保険で相続対策した事例 
 2.公正証書遺言作成と養子縁組した事例

不動産相続解決例

 1.唯一の相続財産である借地権を換金処分して分配した事例
 2.父親と共同相続した土地を持分交換で単独所有とした例
 3.共有物分割訴訟によって敷地を単独所有できた事例

資産活用例

 

相続に関するご相談はこちらから

130.png

010001.png 弁護士・紹介 相談の流れ
手続費用 お客様の声
 アクセス